そばかすが出来てしまう原因と、予防・対策方法を紹介しちゃいます!


どうしてそばかすが出来てしまうの?

そばかすが出来る原因は、メラニンが過剰に生成されてしまうことにあります。紫外線などの外部の刺激が肌に加わると、肌を守ろうとメラノサイトが活発に働きます。メラノサイトはメラニンを生成する色素細胞のため、刺激を受けるとメラニンがたくさん生まれてしまうのです。メラニンは通常、肌のターンオーバーによって徐々に排出されていきます。しかし、肌が乾燥していたり加齢により新陳代謝が衰えていたりすると、ターンオーバーが正常に行われません。それによりメラニンが肌に滞留し、色素沈着を起こしてそばかすになります。

そばかすの予防と対策方法とは

そばかすを出来にくくするためには、メラニンを過剰に生成しないようにする必要があります。メラニンは、紫外線などの外部の刺激を受けることで生まれるため、日焼け止めやUVカットグッズなどを使って肌を紫外線から守りましょう。すでに出来てしまったそばかすは、肌のターンオーバーを促してメラニンを排出することで改善が期待出来ます。肌のターンオーバーを促す方法は、保湿や新陳代謝を良くする、良質な睡眠を取ることやバランスの良い食事を取ることなどがあります。乾燥していると肌のバリア機能が衰え、ターンオーバーも乱れてしまうのです。肌が潤うと、ターンオーバーが促されるだけでなく紫外線の影響も緩和出来るため、そばかすの予防にもつながります。また、良質な睡眠を取ることでホルモンバランスが整い、ターンオーバーが正常に機能します。そのため、規則正しい生活を送ることもそばかすの予防と対策に効果的です。

雀卵斑(じゃくらんはん)や夏日斑(かじつはん)とも呼ばれるそばかすは、眼の周りを含めた顔など露出している部分によくできる褐色斑です。色白の人に多くみられ、夏に目立ち冬は軽快することが多いです。