VIO脱毛は専門家に任せよう!自己処理で危険な理由とは?


VIO脱毛が自己処理では危険な理由

デリケートゾーンに生えたアンダーヘアを処理するVIO脱毛。この脱毛は、特に専門家に任せたいもののひとつになります。なぜなら、自己処理でVIO脱毛を行おうとすると、トラブルにつながる可能性が非常に高いからです。デリケートゾーンの皮膚は他の部分に比べて薄く、刺激に弱いです。さらに普段から湿気が溜まりやすく、炎症が起こりやすい環境になっています。カミソリや脱毛クリームでアンダーヘアを処理しようとすると、皮膚が刺激に耐え切れず、炎症・埋没毛・黒ずみといった肌トラブルにつながるのです。さらに、デリケートゾーンはお尻の奥の方であるOラインなど、場所によっては自分一人では見えにくい場所もあります。その部分も剃ろうと無理をしてしまうと、かえって肌を傷つけてしまう恐れがあります。このように、デリケートゾーンを自己処理で行うのは非常に危険なのです。

サロンでVIO脱毛を受ける前にすべきこと

デリケートゾーンのアンダーヘアは自己処理で行うのではなく、サロン等におまかせするのがおすすめです。ただし、サロンが光脱毛を取り入れている場合は、ある程度事前にアンダーヘアを短くする必要があります。光脱毛は、メラニン色素に熱を加えて毛根にダメージを与える方法です。毛が長いとその分メラニン色素が多くなり、熱を持ちすぎてしまいます。熱を持ちすぎるとやけどにつながってしまうので、ある程度毛は短くしないといけません。そこで大切なのが、VIO脱毛を行う前の自己処理です。まずハサミ等で毛を短くします。その上で電気シェーバーである程度毛を剃りましょう。電気シェーバーはカミソリに比べると肌に与えるダメージが少ないです。そのため、肌トラブルを引き起こすリスクも低いのです。

VIOライン脱毛はデリケートな部分の脱毛ですから、医療機関であるクリニックが安全です。エステより少ない回数で効果が出ることが多いため、費用がお得になるケースも少なくありません。