医療機関で行われている肥満治療の内容とは!?


医療機関での肥満治療について

現代社会において、肥満症は生活習慣病の1つとみなされるケースが少なくありません。人間は肥満になると、糖尿病や脂質異常症、腰痛、膝痛など、様々な病気になるリスクが上がります。必要以上に脂肪を蓄えてしまうことで、身体に負担をかけてしまうのです。このため医療機関においても、積極的に肥満治療に取り組むケースも増えてきているようです。肥満症で医療機関を受診する時の診療科目は、肥満外来と言われています。この外来は、肥満によって生活に支障をきたしている人や、医療の力で痩せたいと考えている人が受診します。肥満外来で行う治療内容は、食事療法や運動療法だけでなく、場合によっては投薬療法や手術も行われます。投薬療法の場合、費用は1ヶ月で1万円程度かかる場合もあるようです。また肥満治療における手術の内容は、脂肪吸引や脂肪溶解注射などです。脂肪を直接的に減らせるので、重度の肥満症を改善したい場合に行われています。

肥満治療成功の鍵は自己規律!

肥満治療の具体的な方法は様々ですが、その基礎となるのが食事療法と運動療法です。人間は基本的に、摂取したカロリーよりも消費するカロリーを増やせば、自然と痩せていきます。つまり、食べた分以上に運動することで、誰でも痩せられるのです。しかし、これを実現するためには、好きな食べ物や美味しい物の誘惑に勝つ必要があります。自己規律をしっかり継続して守れるかどうかが、重要なポイントなのです。肥満治療の成功には、絶対に痩せるんだという高い意識が必要不可欠だと言えるでしょう。

肥満治療は、リバウンドの少ない運動療法・食事療法・投薬などが行われますが、1ヶ月で体重の5%以内の減量を勧められるので、ストレスのない減量が出来るでしょう。